WEB予約

マウスピース矯正

Mouthpiece Orthodontics

マウスピース矯正|あもう歯科クリニック東淀川駅前|淀川区の歯科・歯医者

マウスピース矯正

Mouthpiece Orthodontics

マウスピース矯正(インビザラインGO)とは

マウスピース矯正(インビザラインGO)

マウスピース矯正とは、一般的な矯正で用いられるブラケットやワイヤーを歯に装着せず、マウスピースを使って歯並びをきれいにする矯正治療です。マウスピース型装置では、透明な素材で目立たず、周囲に気づかれることなく矯正治療が受けられるという特徴があります。取り外しが可能で、普段通りに食事や歯みがきをすることもできます。

インビザラインでは、綿密なシミュレーション(計画)により作製された治療段階ごとのマウスピースを装着し、少しずつ歯を動かして歯並びを矯正します。1日20時間以上の装着が必要となりますが、金属アレルギーの心配や、ワイヤーの外れ、ブラケットによる痛みといったトラブルはなく、矯正期間中も快適に過ごしていただけます。インビザラインはマウスピース型装置の中で最も歴史があり、治療実績も一番多いシステムです。治療の準備段階で3D治療シミュレーションがあり、治療終了後の歯並びをご自身でチェックできることも利点です。

インビザラインGoは、前歯から手前の小臼歯の矯正に特化した治療システムです。軽度の八重歯やがたつき、前歯のすき間などを整えたり、インプラントやラミネートベニア治療の補助として使ったりと部分的な矯正に適しています。

矯正治療をお考えの際は、ぜひ一度相談にお越しいただき、ご自身のお悩みがマウスピース矯正で解消できるかどうかを一緒に考えていきましょう。

こんな方におすすめです

  • 歯並びにコンプレックスがある方
  • 人前で話すことが多い方
  • 周囲に矯正を気づかれたくない方(矯正装置が見えることに抵抗がある方)
  • 痛みや違和感の少ない矯正をご希望の方
  • 矯正装置による金属アレルギーが心配な方
  • 矯正装置によるむし歯リスクが心配な方
  • 毎日20時間以上きちんと装着できる方

口腔内スキャナーiTero(アイテロ)導入医院

腔内スキャナーiTero(アイテロ)導入医院

当院では、大阪府でも数少ない、口腔内スキャナーiTero(アイテロ)を導入しております。
未来の治療段階をシミュレーションすることで事前に確認でき、治療後のイメージが分かるので、安心してスタートできます。
シミュレーションは無料ですので、お気軽にご相談ください。

口腔内光学スキャナーiTeroのメリット

治療シミュレーションの可視化

1.治療シミュレーションの可視化

iTeroを用いてお口の中をスキャンすることで、治療シミュレーションをその場で可視化することができます。
矯正治療後の歯並びを視覚的にご確認いただけることで、患者様と治療ゴールを共有した状態で歯列矯正を開始するができます。

不快な歯型とりが不要

2.不快な歯型とりが不要

マウスピース型矯正装置を作製するために必要になる歯型とり。苦手な方も少なくありません。iTeroを使用することで、不快な歯型とりは不要、お口全体をスキャンするだけで、歯並びやかみ合わせを再現することができます。

より精密な装置の作製

3.より精密な装置の作製

iTeroを使用しない場合、粘土のような材料(シリコン)で歯型とりをおこないます。しかし、シリコンの歯型とりでは、どうしてもひずみが生じてしまいます。
iTeroでは、そのようなひずみもなく、より正確に歯並びを再現し、精密な装置を作製することにつながります。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

メリット

目立たない矯正装置

マウスピース矯正の最大のメリットは、歯に装着する矯正装置が目立たないことです。薄く透明なプラスチック製のマウスピースで、装着していることがほとんどわかりません。治療中の見た目が気になる方や人と接する機会の多い方などにおすすめです。

食事や歯みがき時に取り外しが可能

ご自身で取り外しが可能なため、普段通りに食事や歯みがきができます。歯自体に直接装着するワイヤー矯正と違って食べたいものを我慢する必要はありませんし、歯みがきが大変になることもなく、むし歯や歯周病のリスクを高めません。

金属アレルギーの心配もなく、お口にやさしい

マウスピース型装置は金属を使用せず、段階的に新しいものに交換し、徐々に歯を動かしながら歯並びを整えていきます。そのため、従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、金属アレルギーや口内の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。歯に固定された矯正装置が離脱するといったトラブルがないこともメリットです。

治療結果や治療期間が予測できる

治療前に、ご自身の歯がどのように移動していき、最終的にどのようなイメージになるのかをコンピューター上の3Dシミュレーションでご覧いただけます。また、これまでの膨大な治療データから歯の動くパターンと治療期間を高精度に予測することが可能です。

デメリット

1日20時間以上装着する必要がある

正しい装着方法で1日20時間以上使用しないと、目標とする治療結果が得られないことがあります。この点は自己管理によって十分注意していただく必要があります。

紛失する可能性がある

マウスピース型装置は取り外せるため、紛失により治療が中断するリスクがあります。

適応でない可能性がある

歯並びによっては、マウスピース型装置で治療が難しいことがあります。お口の状態によっては、マウスピース型装置に加え、補助矯正装置が必要になることがあります。

マウスピース型装置(インビザライン)の適応症

インビザラインには適応症があります。まず、歯並びの状態などをチェックし、インビザラインで矯正歯科の治療が可能かを診断させていただきます。
以下は一般的な適応症と非適応症です。

適応症

  • 非抜歯で治療が可能な症例
  • 歯根の移動が必要ない症例
  • ブラケット(ワイヤーを使用した治療)による最終治療が可能な症例
  • 1日20時間以上、マウスピース型装置の装着が可能な方

非適応症

  • 歯のがたつきが強い症例
  • 上下の顎で前後、左右のズレがある症例

マウスピース矯正(インビザラインGO)の流れ

1

カウンセリング

カウンセリング

まず、歯並びのお悩みや治療に関する疑問などを丁寧にうかがうことから始まります。そして、マウスピース矯正の治療内容やメリット・デメリット、費用などを説明いたします。
歯の矯正には複数の治療法があるので、選択に迷われることもあるかと思います。最終的に選択されるのは患者さんご自身ですが、選択のための詳しい説明や豊富な選択肢をご提案し、最適なご決断ができるようなカウンセリングを心がけています。
疑問や不安があれば、どんな小さなことでもご質問ください。

2

精密検査

精密検査

一口に歯並びが悪いと言っても、患者さん一人ひとりでお口の状態は異なります。精密検査では口腔内検査のほかにレントゲン撮影、顔や口内の撮影を行い、精密に歯並びやお口の状態を把握します。

3

治療計画のご説明・治療シミュレーション

治療計画のご説明・治療シミュレーション

精密検査の結果をもとに作成した治療計画についてご説明します。どのくらいの期間をかけて、どのくらいの力で歯を動かしていくのか、治療のシミュレーションを無料でさせていただきます。
ここでも気になる点や疑問点がございましたら些細なことでもご質問ください。

4

マウスピース型装置の発注

マウスピース型装置の発注

治療を決定された場合、米国アライン社に患者さんの資料を送付しカスタムメイドのマウスピース型装置を発注します。アライン社では歯の移動予測イメージをもとにして、治療に必要なプラスチック製のマウスピースを作成します。
マウスピースの数はケースによって異なりますが1人あたり20~60個の範囲です。完成には3週間程度を要します。

5

矯正治療の開始

矯正治療の開始

マウスピース型装置が届いたら治療開始です。歯の動き具合に合わせて少しずつマウスピースの形を変えていき、目指す位置まで歯並びを整えていきます。1つのマウスピースで0.3ミリずつ歯が移動するように設計されており、2週間ごとにマウスピースを交換しながら治療を進めます。1日に装着する時間は20時間以上です。

6

保定期間を経て治療終了

保定期間を経て治療終了

目指す位置まで歯が動いたら、その状態を維持できるように保定を行います。一定期間保定を行ったら、矯正治療は終了です。

pagetop